アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「出版体験記」のブログ記事

みんなの「出版体験記」ブログ


出版体験記 第2回 【編集者さまから電話がかかってきた】

2014/04/08 01:07
「許可の手引き」☆出版体験記 第2回
【編集者さまから・・電話がかかってきた。】
(2011年9月21日)

 ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   許可の手引き ☆ 待望の書籍化
   「自分でできる『化粧品製造販売業』許可申請」
 ◆これ一冊で、化粧品製造販売業許可申請が、自分でスラスラできる・・・
 ◆申請書類 ひな形完全版 (GQP/GVP含む) 全文掲載! 
  
 【著者】所長さん 内容見本はコチラからご覧いただけます。
 【出版社】薬事日報社 アマゾンでもご購入いただけます。
 【価格】3700円(税別)

副読本「マンガで読む『化粧品製造販売業許可申請』」(ブログ版はコチラ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ↓
「前回」・・
身の程知らずにも・・
都会の出版社さまに・・
「出版企画書」などを・・郵送してしまった所長さんであるが
身の程は知っているので・・
採用されるなんてことは・・はなからあきらめ・・田舎でおとなしく暮らしていた。。。

ところが・・西暦2011年9月21日・・郵送してから2週間後・・
所長さんとこの・・オンボロ固定電話が・・リンと鳴ったのである。。。

「こちら・・都会の・・薬事日報社の・・敏腕編集者です。」と、名乗られる
(かなり・・誇張した表現をしています)

その瞬間・・「絶対・・ものすごく怒られるんだ・・」と、思った所長さんである

都会の・・それも・・老舗出版社さまに
図々しくも・・いきなり・・出版企画書などを送り付けてしまったのだ。。。
募集もなさっていないのに・・かつ、紹介ルートを探す手間もかけないで・・
知らないこととはいえ・・きっと・・業界的に・・ものすごく無礼なことだったのだろう

というわけで・・
アナログな・・黒電話に向かい・・非常な早口で・・
謝罪の弁をまくし立てる所長さんである

ながなが・・お説教される前に・・謝っちまって・・
うやむやに・・電話を切っちまおうという魂胆である

しかし・・まくし立てる謝罪の弁の・・呼吸の隙間に・・
編集者さまが・・すかさず・・割り込まれる

さすが・・都会の敏腕編集者さまである。。。
田舎者の繰り言を・・これ以上聞くのは・・
時間の無駄と思われたに違いない

そして・・意外なことを・・おっしゃる。。。
「小職も・・この『許可の手引き』は・・あってしかるべき・・と、前々から考えていました」
「しかし・・当社も含め・・未だ・・どこからも書籍化されておらず・・」
「必要な本なのに・・『類書がない』・・ということが・・評価され・・」
「編集会議で・・出版を検討することになりました。」

予想外の展開に・・冷や汗が・・滂沱のように・・流れる

タイミングというものは・・恐ろしいものである。。。

もうちょっと早くて・・
編集者さまのお心に・・
「こんな手引き・・あってしかるべき。」・・という、お考えが浮かぶ前であったら
所長さんの企画書なぞ・・ご検討いただくこともなかったであろうし・・

もうちょっと遅くて・・企画が動き始めた後であったら・・
所長さんなぞは・・著者選考にノミネートもされなかったであろう、と思う。。。
なんたって・・打ち合わせも困難な・・遠隔地の熊本在住だし

わざわざ・・そんな困難を乗り越えなくても・・
お膝元の都会には・・もっと有力な著者候補が・・大勢いらっしゃる。。。

ネギを背負ったカモ・・という言葉があるが
ホントに・・僥倖のタイミングで・・カモを送り出したのだと
しみじみ・・ご先祖さまに・・感謝する所長さんである。。。

しかし・・しみじみばかりも・・していられない。。。

「年内に・・原稿を仕上げて送付してください。」
と、編集者さまがおっしゃる。。。
「その原稿の出来で・・出版の可否の最終判断をします。」
とも、おっしゃる。。。

そうでした。。。出版決定ではなくて、『検討』でした
呆然自失に浮かれてて・・忘れてました。。。

というわけで・・
ここから・・苦しくも楽しい執筆生活が・・始まるのである。。。

【次回へ続く】
副読本「マンガで読む『化粧品製造販売業許可申請』」(ブログ版はコチラ)


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


出版体験記 第1回 【そうだ! 企画書を書こう!】

2014/04/01 00:12
「許可の手引き」☆出版体験記 第1回 【そうだ! 企画書を書こう!】
(2011年9月上旬頃)

 ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   許可の手引き ☆ 待望の書籍化
   「自分でできる『化粧品製造販売業』許可申請」
 ◆これ一冊で、化粧品製造販売業許可申請が、自分でスラスラできる・・・
 ◆申請書類 ひな形完全版 (GQP/GVP含む) 全文掲載! 
  
 【著者】所長さん 内容見本はコチラからご覧いただけます。
 【出版社】薬事日報社 アマゾンでもご購入いただけます。
 【価格】3700円(税別)

副読本「マンガで読む『化粧品製造販売業許可申請』」(ブログ版はコチラ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ↓
さて・・なんだらかんだら・・の、理由により
「化粧品許可の手引き」の出版を決意した所長さんである。。。

なんだらかんだら・・の、理由とは・・
「この手引き」は、きっと世間さまのお役にたつはず。。。
 という・・崇高な理由もあり・・
著者になれば・・世間さまの賞賛を得られるかも。。。
 という・・よこしまな理由もあり・・
この種類の手引きは・・まだ・・誰も出版してないから・・
 万が一の僥倖があるかも・・という甘い見通しもあった。

で・・さっそく・・出版企画書を考案する所長さんである
出版社さまに・・出版企画書を送付することが・・出版の第一歩らしい。。。

「出版企画書」なぞ・・いままで・・一度も書いたことはないが
「出版企画書」と・・検索すると・・驚くことに・・432,000件も・・ヒットする。。。

その多くは・・出版プロデューサーさまのサイトである。。。
あるんですなっ!・・こんな商売が

そして・・その多くが・・
@企画書の書き方を・・サイトで解説してくれて(ここまでは、無料で閲覧可)
Aその企画書を添削してくれて・・(ここから有料)
Bさらに・・プロデューサーさまの人脈を生かして・・出版社さまに・・プレゼンしてくださる。。。
 と、いうサービス内容であるらしい。。。

費用は・・高価廉価さまざま
着手金として・・100万円くらい請求なさるプロデューサー氏もいらっしゃるし・・
成功報酬☆後払い型・・印税の30%というプロデューサー氏もいらっしゃる・・

成功報酬☆後払い型のプランの方が・・良心的だと思うものの・・
とりあえず・・自力で頑張ってみる所長さんである

お送りする出版社さまは・・
もちろん・・薬事系出版☆最大手☆「薬事日報社」さまと決めている

やっぱり・・ブランド出版社さまから・・出版したいし
ブランド出版社さまには・・切れ者の編集者さまがいらっしゃって
鮮やかな推敲・・その他のテクニックで・・良い本を作り上げてくださると思うからである

とか・・強気なことを書いていますが
出版部御中に・・郵送はしたものの・・ホントのところは・・
こんな・・田舎者の所長さんの企画書なんか・・
流し読みして・・ゴミ箱にポイ・・なんだろうな〜、、、と、思ってました

記念受験って言葉があるけど・・記念企画書だよねぇ
ちょっとの期間だけ・・ドキドキ夢見て・・
後は・・ひっそり・・電子出版でもしようかな〜・・・
と、身の丈に合った考えでいたのですが・・・

ところがっ・・郵送して・・2週間後
所長さんとこの・・オンボロ事務所に・・
編集者さまから・・1本の電話がかかってきたのである 

【次回に続く】
副読本「マンガで読む『化粧品製造販売業許可申請』」(ブログ版はコチラ)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「出版体験記」ブログ

薬事法行政書士のコスメティック☆☆ブログ 出版体験記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる